メーカー希望小売価格 2,680円(税別)

ケジャンは、生のカニをコチュジャン(唐辛子味噌)ベースのヤンニョムジャンに漬け込んで作ります。なのでお味の方は本当に辛いキムチなのですが、身の部分の甘味がかえって引き立ち、ご飯のお供に、お酒の肴としてとてもマッチします。
身を吸うようにして食べるのが「通」で、残った殻は味噌汁などのスープのダシとして使えば「ピリ辛味」のスープを楽しめます。韓国の人がすすめる名産地・仁川(インチョン)のわたり蟹の味と、韓国で人気の職人・権栄仙さんの味付けをぜひご堪能下さい。

【商品内容】わたりガニのキムチ漬け400g ※渡り蟹の肩身が4~8切れ、個体差があるので多少前後します。
【賞味期限】冷凍30日以上
【配送方法】冷凍
【原材料名】渡り蟹(韓国産)、水飴、とうがらし、玉葱、りんご、ニンニク、食塩、生姜、魚醤、サイダー、焼酎、胡椒 / 調味料(アミノ酸等)、(一部にかに・りんごを含む)

■仁川ケジャン400gはこちらからお買い求めいただけます。

韓国有数の名産地の原料と一級のレシピで作る
「仁川(インチョン)ケジャン」

いま、考えられる最高級のケジャンです。

400gでわたりガニの肩身が4~8切れ。(個体差があるので多少前後します)

このケジャンの原材料となる「わたりがに」は韓国の中でも有数の「すばらしいわたりガニが獲れる」ことで有名な仁川(インチョン)産限定。干満の差が激しく遠浅の海で育つそのカニの身のしまり具合、甘み、身入りの良さという点からでもソウルの人たちは「韓国で一番おいしい」とオススメする逸品です。

韓国農水産放送局のテレビショッピングでケジャンを販売し、そのバツグンの売れ行きで「優秀賞」の表彰を受けた、韓国の人たちに圧倒的な支持を得ている調理人・権栄仙(クォン・ヨンソン)ハルモニのレシピ(ファンの中には韓国の有名女優さんも名を連ねています)で製造する韓国のメーカーさんと縁あって出会い、材料から味付けまで、まさに本場の韓国の人たちに圧倒的支持を受けている味そのままに皆様の食卓にお届けすることになりました。(本場のレシピで大阪で漬け込んでいます。)

さすが韓国有数のわたりガニの名産地・仁川(インチョン)産のわたりがに!ごらんの通り、身もしっかり、タップリと入っています。
お箸でつかんでなんて悠長なことは言ってられません。
手に持って、口のまわりを真っ赤にしながら豪快にしゃぶって吸い取るようにして食べれば、身のうまみもヤンニョンジャンの旨みも両方いっぺんに楽しめます。

●食べ終えた殻は捨てないで!
わたりガニはダシのよく出るカニとして韓国ではあらゆる料理で活用されています。ヤンニョムジャンの旨みが絡んだ殻は最高のダシの素になります。
チゲ(キムチ鍋)に入れるのがベストですが、お手軽にお味噌汁に入れてダシをとっていただいてもピリ辛い味のお味噌汁が楽しめます。
味噌ベースの鍋モノには意外と合いますから皆さんの工夫次第で、新しい料理が生まれるかもしれませんので何かとお試しください。